« 2019年7月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土)

8月29日、30日 各部局を回りオレンジリボンをお渡し

29日、30日で、手分けして市内各所の部局を回り、オレンジリボンはすべて、手渡しでお届けしました。
教育委員会、子ども未来局、病院局、消防局などと、各区役所です。
各局とも快く受け取ってくださいました。
やはりお顔を見て、直接お渡しすることによって私たちの誠意が伝ったのではないかと思います。

0829

病院局、神山課長にお届けしました

Photo_2019083122390108302

子ども未来局長の山根様        白石区役所蔀区長にお届けしました

 

 

 

 

8月28日 秋元克広札幌市長にオレンジリボン、22,500個をお届けしました。

札幌市職員全員に児童虐待防止のシンボル、オレンジリボンを付けていただきたく、SI札幌中央、SI札幌グローリア、杏花会と共同で、秋元札幌市長に札幌市全職員数、22,500個の手作りオレンジリボンをお届けしました。
2008年から毎年児童相談所にオレンジリボンをお届けし続けてきた私達にとって、6月の池田詩梨ちゃんの事件は大変な衝撃でした。二度とこのような事件が起きないよう、市役所職員の皆様には常にお心にとめてほしいと願い、一つひとつ手作りしてきたリボンです。
市長に贈呈後、市役所内各局を回りお届けしました。
後日区役所や消防局、水道局などすべての局に手渡しでお届けの予定です。
北海道新聞、毎日新聞、NHKテレビニュースで取り上げられ、大きな反響がありました。

Img_4661  

Epson142

3

8月26日オレンジリボン仕分け作業

札幌市全職員の皆様の胸につけていただきたく、秋元市長にオレンジリボンを贈呈するにあたって、22,500個のリボンを各部署ごとに分けることになりました。
この日、各部の人数ごとに分け、シールを貼り、局ごとに紙袋に入れました。
この作業には、SI札幌中央、SI札幌グローリア、杏花会からもご参加いただきました。

まず、各部署の職員数を確認しタックシールを作成しました。
部ごとの人数分のリボンを透明な袋に入れシールを添付。
局ごとに紙袋に入れました。
紙袋の数は28、小袋は109。

Img_4597 Img_4599-2Img_4591

Img_4592-2Img_4590

市長に差し上げるには中身がよく見えるほうがいいと思い、花材屋さんでプリザーブドフラワーなどを入れる透明なケースを購入し利用しました。100個ずつ袋に入っているものを下から詰めていったら意外と入りました。
左には6000個!入っています。この箱を市長に手渡ししました。
右には3500個。両方教育委員会行きです。

 

  

8月14日北海道新聞に投書掲載

8月14日、北海道新聞「読者の声」欄に投書が掲載されました。

Photo_20190831212801

2019年8月 7日 (水)

8月7日オレンジリボン作成作業

10:30より佐藤会員の事務所にて、12名の会員で、オレンジリボン作成作業を行いました。
例年は9月か10月ですが、今年は例年と違った形の贈呈を行うからです。
10年以上にわたり手づくりのオレンジリボンやポケットティッシュを児童相談所に届けてきた私たちは、
6月に起きた池田詩梨ちゃんの虐待死に大変なショックを受けました。
札幌市内4クラブ、杏花会と合同でお届けしたリボンの数は15万個以上です。
ポケットティッシュも11万個になります。
皆さん忙しい中、一生懸命リボンを一つ一つ作ってきました。
ですから今回のことは、とてもとても残念な出来事だったのです。
そこで考えたのが、
「オレンジリボンを秋元札幌市長にお届けし、札幌市の職員全員の胸につけてもらおう」
ということです。
札幌市の職員の皆さんには二度とこのような事件が起きないように、この事件を忘れないように
リボンをつけていただこうと考えました。
先月から市内4クラブ、杏花会にも呼びかけ、市職員数の22,500個のオレンジリボンを作っています。
各自自宅でカットしたリボンを持ち寄り、糊づけとピン差しの作業を行いました。
親の虐待により、子どもの命が奪われることなど2度とないことを願って。

 Img_4476 Img_e4477-2  

 

 

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年10月 »