« 2019年10月 | トップページ | 2020年3月 »

2019年11月

2019年11月24日 (日)

11月9日Sクラブとソロプチミストの集い開催

Sクラブ三校(札幌市立藻岩高校、札幌龍谷学園高校、札幌聖心女子学院高校)より、先生3名、生徒14名、SI札幌からは8名の会員が参加し、恒例の集いを開催しました。

助成金の贈呈に続き、当クラブ会員今野美香氏による「多言語を用いて仕事するということ」のテーマでご講演いただきました。今野会員は勉強をする意味やご自分の経験を生徒さんに分かりやすく説明してくださり、今後の進む方向性などに役立ち、先生や生徒さんは熱心に耳を傾けておりました。講演後は質疑応答も生徒さんが思ったことを質問し、今野会員の応答で盛り上がりました。

Dsc_0549 Dsc_0546

各校の活動報告は色々と工夫がされておりました。

 Dsc_0565 Dsc_0563

 

  Dsc_0558_20191124224501

SI札幌の活動報告に続いて「デートDV」について説明をいたしました。最後にキャッチSOSのボードを掲げての写真撮影で終了しました。

Dsc_0575  

2019年11月19日 (火)

11月14日北海道庁HPにオレンジリボンについての記事掲載

北海道庁保健福祉部子ども未来推進局のホームページに、10月25日の当会のオレンジリボン寄贈、11月1日の街頭啓発についての記事が掲載されました。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kms/homepage/homepage/orangeribbon.htm

 

2019年11月13日 (水)

11月1日オレンジリボン街頭啓発

11月は児童虐待防止月間です。恒例のオレンジリボン街頭啓発に参加しました。
札幌市子ども未来局、北海道子ども未来推進局、北海道警察の方々に加え、国際ソロプチミスト札幌市内4クラブ、札幌市医師会夫人部杏花会、札幌キワニスクラブ、札幌電気工事業協同組合青年部の皆さんの総勢50名以上が参加し、札幌駅西改札口で「子どもの命を守りましょう。」と呼びかけオレンジリボンを配布しました。
Img_4870 Img_4863-2 Img_4878-2

10月26日7クラブ合同セミナー開催

札幌プリンスホテル国際館パミール3F「大沼」において、合同セミナーを開催しました。
今年度より、SI石狩、SI岩見沢、SI札幌、SI札幌中央、SI札幌グローリア、SI札幌ノイエの6クラブにSI恵庭が加わり、7クラブ合同セミナーとなりました。参加者は42名、担当クラブはSI石狩でした。

最初に鈴木千枝子リジョンプログラム委員長より「北リジョンにおけるプログラム委員会の在り方」との講演がありました。
当日参加の各クラブの活動の紹介で始まり、女性と女児の夢を応援するソロプチミストの活動として、二つの夢プログラムを担当するプログラム委員会の活動が大変意義あるものであことが紹介されました。
夢を拓く茶話会開催のヒントやガールズ・サミット応募についての詳細の説明がありました。

グループ・トーキングでは各テーブルともSクラブを持たないクラブでは茶話会の開催に苦慮していることや、会員数の減少や高齢化の悩み等が話し合われました。その後の質問タイムでは、具体的な心配事等が示され、会員の声が反映させることを期待します。最後に来期担当のSI札幌、佐藤郁子CSよりご挨拶がありました。

Img_4815   Img_4816  

2019年11月10日 (日)

10月24日札幌市へ、10月25日北海道へ、オレンジリボン及びティッシュお届け

10月24日、オレンジリボン入りティッシュ1000個、ティッシュのみ250個を札幌市児童相談所にお届けしました。
今年は、業者さんよりあらかじめティッシュのみ5500個を届けていただき、ティッシュ入りをソロプチミスト4クラブで4000個、杏花会が500個を作製、リボンは4クラブで1000個、杏花会が5000個作成しお届けしました。
高橋誠所長より、秋元札幌市長からの感謝状を頂戴しました。
8月に行った「市役所職員全員の胸にオレンジリボンを」の活動にも感謝の言葉を頂戴しました。

Img_3401-2

また、10月25日、北海道庁で、保健福祉部子ども未来推進局の永沼郭紀局長にオレンジリボン2000個をお届けしました。ティッシュは業者さんより5000個が届いていました。

Img_4808

 

« 2019年10月 | トップページ | 2020年3月 »